復縁に失敗しても挽回できる6つの方法【その後の行動が大事!】

復縁に失敗してしまうともう二度と復縁できないと落ち込み、どうしていいかわからなくなってしまいますよね。

ですが、失敗しても、もう一度復縁に向けて状況を立て直すことは可能です。

ここでは、主な失敗のパターンや、失敗のしかたによって復縁の可能性がどれくらいあるか、復縁を諦める前にチェックすべきポイントをご紹介します。

さらに、復縁に失敗する主な原因と、失敗から復縁を目指す6つの方法、そして復縁を目指す際に気をつけたいことをまとめていますので、失敗したけど復縁を諦めたくない!という方はぜひ参考にしてください。

復縁の可能性は何%?
いつ復縁できる?
今なにをしたらいい?

LINEであなたの復縁を無料で占います!
今すぐLINEで復縁占いする
目次

復縁失敗の5つのパターン

復縁失敗には主な5つのパターンがあります。

まずは自分の失敗がどれに当てはまるか、一度考えてみてください。

復縁を断られた

復縁を申し込んで断られるというのは、明らかに復縁に失敗しているパターンです。

相手に復縁したい気持ちを伝えていながら断られてしまっているため、次の手を打ちづらく、諦めるしかないと思う人も多いでしょう。

しかし、断られて失敗した場合でも復縁の可能性はゼロではありません。なぜ復縁に失敗してしまったのか、原因をしっかりと追究し、改善することで復縁が叶う可能性はあります。

相手を怒らせた

復縁活動中に相手を怒らせてしまい、失敗したと感じているパターンです。

しかし、これは本当に失敗したかどうかわからない状況でもあります。

もちろん、相手を怒らせてしまったのですから、あなたに怒りの原因があると考えるのが妥当です。怒らせてしまう元となることがらを根絶しなければ復縁は難しいでしょう。

嫌われた

「嫌い」とはっきり言われた場合と、明らかな言葉はなかったにしろ態度やほかの言葉から自分のことを嫌いなのだと感じた場合とがあります。

どちらの場合もあなたに相手を嫌な気分にさせる原因があったと考えてください。

その部分を改善することができなければ復縁はできません。

返事が来ない

これまで連絡が取れていたのに、復縁話をしたせいで返事が来なくなると、失敗したと感じます。

この失敗にはさまざまな理由が考えられますが、共通する理由は復縁を焦りすぎたことです。

復縁に向かう時期でないのに復縁を焦ったり、自分自身の改善がないのに復縁を迫ることは、逆に復縁を遠ざけ失敗させてしまいます。

復縁の条件に納得できなかった

相手といたい一心で復縁活動を続けた結果、相手が提示する条件と引き換えに復縁を受けてもらえることもあります。しかし、その条件が到底のめるものではなく、復縁を諦め失敗してしまうパターンです。

このパターンでは相手が何を望んで自分に条件を出したのか知る必要があります。

無理だとわかっていて条件を出すということは、復縁を諦めさせたいからでしょうが、相手にとってその条件が大事なものであれば、あなた自身が変わることを望んでいるということです。

復縁の可能性が高い失敗のケース

復縁の可能性が高い失敗には、以下のようなものがあります。

・タイミングが早すぎた
・ジョークとして流された
・返事が来なかった
・ケンカになった
・条件に耐えられなかった

これらはすべて、先に挙げた5つの失敗のパターンに分けることができます。

なぜこれらの失敗は復縁の可能性が高いか、紹介していきます。

タイミングが早すぎた

別れた直後に復縁したいと言ったり、十分な冷却期間を取らずに復縁を申し込んだせいで復縁を断られる失敗をした場合、タイミングが早すぎたケースに分類されます。

このケースの失敗は、再度、冷却期間をしっかりと取り関係を清算することで、復縁のチャンスを引き寄せることができます。そのため、比較的復縁の可能性が高いケースといえます。

復縁を迫る時期が早すぎたと感じたのであれば、まだまだ復縁できるチャンスはありますので、焦らないでください。

ジョークとして流された

SNSなどを通じて復縁を申し込んだのに、本気だと思ってもらえずジョークとして流された場合も復縁の可能性はまだまだあります。

あなたは復縁を申し込んだが断られた、と感じているでしょうが、相手はジョークだと思っているため、そもそも復縁を申し込まれたという意識がないかもしれません。

真面目に話をする機会が得られれば復縁の望みが叶えられる可能性が高いケースです。

返事が来なかった

それまでやりとりが続いていたのに、復縁話を持ちかけてから返事が来なくなり、復縁に失敗したケースでは、自分の気持ちをさらけ出したうえで相手に拒まれたという感じが強いかと思います。

ですが、返事が来ないということは、相手が返事に困っているということ。

本当に嫌いなら、思い切り傷つけるような言葉をかけられるものです。はっきりと断れないのは相手にもまだ答えが見つからないからでしょう。

この場合、一旦、復縁話はスルーして、お互いに冷却期間を取る必要があります。

ケンカになった

復縁話をしてケンカになり、怒られたり嫌われてしまうケースでは、取り返しがつかない失敗をしたと思いがちですが、実は復縁の可能性が高いケースでもあります。

ケンカは一時の感情に流されやすいため、おまえとは復縁しない!などと相手も激高してしまうかもしれません。しかし、冷静になって考えたときに言い過ぎたことに気づくのも多いのがケンカの特徴です。

一旦引いて様子を見、相手が冷静になった頃合いを見計らいましょう。今度は冷静な話し合いができるように場をセッティングするなど工夫が必要です。

復縁の可能性が低い失敗のケース

次に復縁の可能性が低い失敗のケースを紹介します。

・タイミングが遅すぎた
・相手の悪口がバレた
・条件に耐えられなかった
・復縁前なのに体の関係を持ってしまった

これらに当てはまった場合、自分はもう復縁できないんだ……と思い込みがちですが、そうではありません。

どんなに困難に見える状況からでも復縁を叶えることはできます。

まずは、自分の失敗がどれほど復縁の可能性があるか、もしくはないのかを事実として認めることが大事です。

タイミングが遅すぎた

タイミングが早すぎた場合は復縁の可能性が高いケースとして取り上げましたが、タイミングが遅すぎると復縁の可能性はとても低くなります。

タイミングが遅すぎるケースとは具体的には、相手に交際相手がいたり、すでに結婚を決めている場合を指します。

相手は次の恋をしたり、家庭を持とうとしている状況ですから、復縁を申し込んでも失敗するのは当たり前です。自分の幸福を奪おうとしていると見なされ、余計に関係を悪化させる可能性があります。

復縁したいという気持ちを表に出さず、自分磨きなど、今できることをしてください。

相手の悪口がバレた

失恋後、自分の心の傷を癒やすために誰かに相手の悪口を言ってしまうことがありますが、これが本人にバレたことで復縁を遠ざけてしまうケースです。

このケースでは自分の信用を下げてしまっており、失恋時よりもさらにあなたへのイメージが悪くなってしまっているため復縁の可能性が低くなります。

根気強く信用を取り戻す努力が復縁の秘訣です。

条件に耐えられなかった

復縁するなら○○の条件で、と突きつけられ、とてもではないが承諾できない内容だったために自分から復縁を諦め、失敗してしまうケースもあります。

このような無理のある条件を出してくる相手とは、復縁してもいい関係を築くことができません。

復縁だけは成功しても、その後の付き合いがうまくいかない復縁はやめておいて正解です。

どうしても復縁したいなら、相手と対等に話し合いができる場をセッティングするなど工夫が必要となります。

復縁前なのに体の関係を持ってしまった

復縁前なのに体の関係を持ってしまったために復縁に失敗したケースでは、とにかく一度関係を断つことが重要です。

関係を持つたびに復縁の可能性は低くなっていくと考えた方がいいでしょう。

相手はあなたと復縁する気がないからこそ、体の関係だけを要求しています。

相手を拒むことや自分を守ることが復縁に繋がります。

復縁失敗?諦める前にチェックすべきポイント

ここまで、失敗にはどのようなケースが考えうるかをお伝えしてきました。しかし、それだけ読んでいても失敗の原因はわからず、問題は解決に向かいません。

失敗したけど復縁を諦めたくないなら、次に重要なのは失敗の原因を見極めることです。

自分がよかれと思ってやったことが実は裏目に出ていることもあります。男性と女性では考え方が違うということもありますし、思考に個人差があるのは当然です。

以下にチェックポイントをまとめましたのでご覧ください。

復縁を迫るタイミングはどうだったか

どんな恋も失恋後に必要なのは冷却期間です。どちらから振ったかにかかわらず、失恋はお互いに心を傷つけられてしまいますので、傷が癒え、心が落ち着くまでには時間が必要ですね。

まだ冷却期間を十分に取っていないうちに復縁を迫ると、相手はあなたに対し反省の色が見えないと感じたり、不快感を覚えることがあります。

逆に冷却期間を長く取り過ぎ、その間に相手に新たな恋人ができてしまうと、復縁のタイミングとしては遅すぎることになります。

別れの原因はなんだったか

そもそもの別れの原因すらわかっていない状態では、復縁が失敗するのは当然です。

復縁は感情だけでは叶いません。

私はまだ好きなのに、と思っていても、たとえばあなたの性格が原因で別れたのであれば、あなたの性格が改善しなければ復縁の可能性はありません。

別れの原因がなんだったか考えることが、復縁に繋がる重要な要素となります。

気持ちは整理できていたか

冷却期間が短すぎた場合に多いのですが、気持ちの整理がついていないのに復縁を迫ると失敗する可能性が高くなります。

別れの原因究明まで気持ちが落ち着いておらず、失恋したときとほとんど変わらない精神状態で日々を過ごしています。

別れたときと同じ状態にいる人との復縁は、考えられるものではありません。

そもそも復縁に向けて行動したか

よくある話ですが、復縁に向けて行動したわけでもないのに、怒られた、嫌われたと感じ、復縁に失敗したと勘違いをすることがあります。

相手に気を遣いすぎ、神経過敏になってしまっているため、どんなささいなできごとでも失敗と感じてしまうようになっています。

自分と相手に起こったできごとをもう一度、頭の中で再現し、本当に復縁に失敗したかどうか考える冷静さを持ちましょう。

復縁失敗の原因やNG行動

復縁したいと思っているのにこのような失敗をしてしまうのにはかならず原因があります。

自分と相手の間にどのようなできごとが起こったか思い出し、自分のおかしてしまったNG行動はなんだったか見つめ直しましょう。どこが間違いだったのかに気づくことができれば、復縁に向けて動き出すことができます。

以下に、主な失敗の原因やNG行動を挙げていますので、二人の関係を見直す参考にしてください。

相手の気持ちを考えない行動

ありがちな原因は相手の気持ちを考えていない言葉や行動です。

相手が別れを希望していたのにしつこく食い下がったり、別れたあとも恋人同士のときと同じ頻度で連絡を取ったりすると、復縁に失敗する原因となります。

なぜなら相手はあなたが、あなた自身ばかりを大事にしていて、自分のことを大事にしてくれていないと感じるからです。

恋人関係の間にもそのような行動を取っていませんでしたか。相手はあなたから愛されることがこれからも期待できないために別れを選んだのかもしれません。

別れや失敗から目をそらす

別れや失敗から目をそらすというのは、そのときからひとつも成長していないことを指します。

別れや復縁の失敗にはかならず原因があり、その原因がなくならない限り、復縁が成功することはありません。

人間は数々の失敗を繰り返し、その中で気づきを得て成長していく生き物です。

まずは自分の失敗を省みることを重視しましょう。

自分は悪くないと考えている

別れの原因はすべて相手にあり、自分は悪くないと考えているうちは、復縁は叶いません。

どんなに相手が悪いように思えても、それを許せなかったことはあなたの幼さであり弱さです。

復縁した先に結婚を考えているならなおさらですが、夫婦として生きていくことは、どんな失敗も二人で背負い、乗り越えることを意味します。

相手だけが悪いと感じているようでは復縁しても、また同じ別れを経験することになるでしょう。

相手を試す

試すというのは、自分が主で相手が従であると考えているから起こる心理です。これは恋人として対等な関係といえるでしょうか。

相手を試すという発想をしている時点で復縁は叶いません。

自分が同じように相手に試されたとしたら気分がいいはずがありません。試すという発想は、復縁したいのであればNG行動になることを心に刻みましょう。

脅す

復縁してくれないなら○○をバラす、復縁できないなら死ぬといった脅しをして復縁が失敗したなら、そのような言動が失敗を招いています。

復縁したいという強い気持ちから感情的になってしまったのかもしれませんが、もし脅して復縁が成功したとしても、おそらく二人の関係はこれまで以上に殺伐としたものになります。

相手はあなたに弱みを握られているため自分の気持ちに素直になることが許されず、あなたはいつも相手の弱みを握っていなければ不安になるでしょう。

脅しという手を使った関係はかならず失敗に終わります。

外堀を埋める

相手の友人などに自分が復縁したいと言いふらし、外堀を埋めることで復縁を拒めなくする方法も失敗の原因となります。

恋愛はあくまで二人の事情です。そこに周囲の人を巻き込んで相手が断りにくい状況を作っても、相手は決して良い気持ちで復縁に臨めません。

下手な細工をするのではなく、あくまで二人のこととして、相手としっかり向き合い、話をしましょう。復縁はゴールではなく、交際のスタート地点だということを思い出してください。

都合のいい女になる

復縁に近づけるならとすぐに体を許したり、相手の要求にすべて従うことも復縁失敗の原因となります。相手にとってあなたは元恋人でしかなく、もっといえば現在は都合がいいだけの人です。

簡単に抱けるとか、なんでも言うことを聞いてくれると思うと、相手はあなたを下に見ます。相手が主になり、あなたが従という縦の関係を生み出すことになります。

こういう関係性になると、復縁というエサにつられてあなたは必死で要求に応えようとし、ボロボロになったところで捨てられるかもしれません。

都合のいい女でもいいから復縁したい、という発想はもっとも復縁を遠ざけますので気をつけましょう。

失敗から復縁を目指す方法6つ

一度復縁に失敗してしまうと、袋小路に追い込まれたような気持ちになり、これからどうしていいか、すっかりわからなくなってしまう人も多いでしょう。

自分の失敗の原因がわかると余計に、もう無理かもしれない……と諦めモードに入る人もいます。

冷静になんてなれない!と感情的になっているかもしれませんが、冷静になれない限り、復縁は叶いません。

もう一度、復縁を目指すために、なにが必要かをまとめました。自暴自棄にならず、落ち着いて見ていってください。

悪いイメージを払拭する

復縁に失敗した際、別れたときよりもさらに悪いイメージを与えてしまったり、相手に自分がまだ未練があることを知られることが多くあります。

このような印象は復縁を阻む要素になりやすいので、払拭するようつとめましょう。

具体的には、冷却期間を取り直すことです。

幸いなことに人はさまざまなものごとを少しずつ忘れていくことができます。相手との間にどんな修羅場があったとしても、相手はそのときの感情の高ぶりや嫌悪感を徐々に忘れていってくれます。

そのためにあなたにできることは、影を潜めていることに尽きます。一切の連絡を取らず、相手が記憶を呼び覚ますことのないよう、ひっそりとしていることが重要です。

成長と変化

人は忘れる生き物と書きましたが、同時に失敗はいつまでも尾を引くことがあります。あなたが失敗の記憶に引きずられている限り、復縁までの距離は変わりません。

あなた自身も失敗を忘れ、成長と変化を心がけて暮らしてください。

たとえば、これまでデートに使っていたお金で語学を学ぶとか、ジムに通うとか、自分の未来に投資するのもいいでしょう。これまでと違う人脈ができたり、知らない世界に飛び込むことで、人間的な成長を促すことができます。

復縁を引きずり、失敗を引きずっていても変化は訪れません。変化や成長のないあなたは、相手が別れたいと感じたあなたです。怖がらず、変わることを楽しみましょう。

別れの原因と復縁失敗の原因を分析

すでに述べた内容を参考に、そもそもの別れの原因や、復縁に失敗した原因を分析することも大事です。

原因となることがらには、あなたが変わるべき部分が集約されています。

見たくない部分かもしれませんが、より良い自分に変わるチャンスを与えてもらっているのだと前向きに捉えましょう。

友だちからやり直す

冷却期間中にしっかりと自分のよくない部分と向き合い、改善する努力をしたなら、相手とコンタクトを取ってみましょう。

ここで気をつけてほしいのは、あなたが成長したり変化したからといって、二人の関係性は変わっていないということです。恋人という関係は解消していますから、友だちからやり直す気持ちで連絡を取ってください。

うまくいかないなら第三者に入ってもらう

連絡を取る段階で相手に拒絶されたり、話し合いの場を持とうとしてもうまく話せるか不安だと感じているなら、第三者に介入を頼むのもありです。

できれば共通の友人など、両者のことを同じくらい知ってくれている人に頼んでください。あなたに肩入れする女友達に頼むと、相手が一方的に悪者になり、余計に話がこじれてしまう可能性があります。

男女どちらでもかまいませんが、公平な目で二人を見てくれる、信頼のおける人物に頼むことで復縁話がスムーズになります。

対等な関係を築く意識を持つ

失敗の原因でもお伝えしたことですが、復縁は主従関係になったとたんに破綻します。

弱みを握ったりすることで復縁が叶っても、その恋は辛く、苦しいものになることが目に見えています。

復縁したい側が下手に出る必要もなければ、相手を脅して上に立つ必要もありません。

フェアな関係でなければ交際は続きません。それは復縁する段階から意識しておくべきです。

失敗後に再度復縁を目指すなら気をつけたいこと

最後に、もう一度復縁を目指すなら気をつけておいてほしいことをお伝えします。

失恋後、復縁を頑張っていたのに失敗してしまった。それでもまだ諦められないと思うほど素敵な人に出会えたことは素晴らしいことです。

復縁を叶えてほしいからこそ、以下のことに気をつけてください。

無理だと思うのをやめる

復縁を諦めきれない一方で、復縁なんて無理なんじゃないか、などと自分にブレーキをかけるのはやめましょう。

その時点で、この復縁は負け試合になってしまいます。

復縁にまた失敗してしまったときに、「やっぱりダメだった」「復縁が無理だということはわかっていた」などと自分に言い訳をするために予防線を張っているだけです。

復縁を諦めきれない、復縁を叶えたいと思っているなら、復縁はかならずできると信じて行動しましょう。

失敗を怖れすぎない

失敗を怖れてしまうと身動きが取れなくなります。こうして復縁を遠ざけてしまう人は多いですが、それならいっそ復縁を諦めるべきです。

失敗を怖れてチャンスをつかめなかったり、一歩を踏み出せなかったとき、後悔だけがあとに残ります。

失敗の数だけ成功に近づくと思っていれば、失敗を怖れすぎず、復縁に前向きになれます。

相手の顔色ばかり気にしない

復縁したいという気持ちは言い換えれば、相手に好かれたい、愛されたいという気持ちです。復縁したい気持ちが強すぎるあまり、嫌われないようにしたいと思うのは当たり前のことかもしれませんが、考えないように努力しましょう。

嫌われたくないという気持ちは、とても自分本位なものです。

悪いことではないのですが、復縁とは自分のためだけにするのでなく、相手にもメリットがあって初めて成立します。

もしあなたが今、相手に嫌われないよう、顔色をうかがっているのであれば、代わりに相手を楽しませることを考えてください。

自分が相手から愛情を得たいと考えるのであれば、自分も相手に愛情を渡すことを同時に考えていなければ、良い復縁は成功しません。

まとめ

復縁はさまざまな理由から失敗してしまうことがあります。そんなときは、自分の失敗がどのような失敗だったか分析し、今後に生かすことを考えましょう。

失敗からもう一度、復縁を目指すなら、以下の流れが参考になります。

①悪いイメージを払拭する
②成長と変化
③別れの原因と復縁失敗の原因を分析
④友だちからやり直す
⑤うまくいかないなら第三者に入ってもらう
⑥対等な関係を築く意識を持つ

また、復縁を諦めきれないのであれば、次の3つの点に気をつけてください。

・無理だと思うのをやめる
・失敗を怖れすぎない
・嫌われないようにすることを考えない

今は不安でいっぱいかもしれませんが、復縁の可能性はゼロではなく、失敗なくして成功はありえません。冷静に失敗を分析し、原因を根絶することで復縁が見えてきます。

諦めきれないほど素晴らしい相手に出会えたことに感謝し、復縁に向けて進んでいってくださいね!

復縁の可能性は何%?
いつ復縁できる?
今なにをしたらいい?

LINEであなたの復縁を無料で占います!

今すぐLINEで復縁占いする